冬の必需品小物アイテムをアップデート2021年版 [WINTER ESSENTIALS]

冬の必需品小物アイテムをアップデート2021年版 [WINTER ESSENTIALS]

寒くなってきましたね〜。

寒さが苦手な僕は、寒さ対策を理由に毎年冬対策/防寒を目的とした必需品的な小物アイテムをアップデートしてしまいます。

昨年も「冬の必需品小物アイテムをアップデート [WINTER ESSENTIALS]」という記事で、2020年に買った冬対策/防寒アイテムを紹介しましたが、2021年版として今年購入したものをいくつか紹介したいと思います。

冬の必需品小物アイテムをアップデート [WINTER ESSENTIALS]

冬が、苦手です。 と言っても嫌いではないんです。厳密に言えば、冬の寒さが苦手なん…
dailystd.com
スポンサーリンク

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス) のケーブルビーニー

ここ数年、坊主刈りにしている僕にとってニットキャップ(ビーニー)は冬の必需品として最も使用頻度の高いアイテム。

太めなゲージでざっくり編まれたシンプルなタイプが好みで、被った時のサイズ感が気に入ると色違いで同じものを手に入れたりしています。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の「ケーブルビーニー」は、トップがケーブル編みで折り返した部分がリブ編みという、シンプルでいながらちょっとスパイスの効いたデザインが気に入って購入しました。

この「ケーブルビーニー」には、和歌山県に本社があるニット編み機の大手メーカー、島精機製作所が独自開発した、継ぎ目を作らず1本の編み糸で1着のニットを丸ごと編み上げてしまう「ホールガーメント」という製法が採用されています。

だからでしょう。被った時のごろつき感もまったくありません。

ブランドロゴが刺繍されたピスネームが小さめなのも個人的に好み。

素材は、アクリル70%、ウール30%で、5色(アビエイターネイビー、ブラック、ミックスチャコール、ミックスグレー、パインコーンブラウン)展開。

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス) のラディアルウールビーニー

先日、二子玉川の「THE NORTH FACE STANDARD」にふらっと立ち寄った際に、色目の綺麗さでつい衝動買いしてしまった「ラディアルウールビーニー」。

こちらもホールガーメント製法が採用されています。

二子玉川で、アウトドアショップ巡り

自宅から近いこともあり、二子玉川にはよく行きます。 植物を買いにプロトリープに行…
dailystd.com

このラディアルウールビーニー」は裏地のある二重構造なので、保温性かなり高めのアウトドア仕様。

表側は吸放湿性に優れたウールをメインにナイロンを混紡、裏側にはアクリルやウールなどの繊維に、特殊セラミックスの働きで体が発する遠赤外線のエネルギーを利用して体の芯まで温めてくれるハイテク繊維「光電子」を配合。

モノトーンなデザインを採用したヌバックっぽい質感のピスネームもさり気なくていいですね。

カラーは、4色(ブラウン、ダークグリーン、ネイビー、ミックスグレー)展開。

mont-bell(モンベル)のシャミースネックゲーター

寒い時、首回りをしっかり保温しておくのは、寒さ対策にはかなり効果的ですよね。

ということで、試しに買ってみたmont-bell(モンベル)の「シャミースネックゲーター」。

これが思いのほか調子良くて、毎日のように使っています。しかも1,430円と値段も安め。

モンベル | オンラインショップ | シャミース ネックゲーター

シンプルなデザインで、小さくまとまるのでポケットに入れてもかさばりません。
webshop.montbell.jp

素材には、人間の毛髪の10分の1という極細のマイクロファイバーを密に編んだ「ストレッチシャミース」を採用。この素材、繊維間に多くの空気を蓄えるので保温性と通気性のバランスがよく、運動量の多い場面でも汗の蒸気を効果的に外に逃がしてくれるそうです。

起毛した生地表面は柔らかく、縦横2方向のストレッチ性もしっかりとあるので、使い心地がとてもいい。

サイズ調整のストラップとかも付いていないシンプルなデザインなので、折り畳むとハンカチほどの大きさになります。

ただ個人的に残念なところは色展開が微妙なところ。

ブラック、ブルーグリーン、ダークグレー、アイボリー、ブルー、パープル、オレンジの7色あるんですが、自分好みの色がもっとあったら間違いなく色違いで揃えたくなるアイテムです。

TEVA(テバ)のリエンバー2

昨年購入したNEW BALANCE(ニューバランス)の「キャラバンモック」は、冬場のメインシューズとしてヘビロテなアイテムでかなり重宝しました。

正直履きすぎて、見た目にも使用感が出てきたので、モックタイプのシューズを今年も新調することにしました。

ということで、選んだのがTEVA(テバ)の「リエンバー2」。

2017年発売されたTEVA(テバ)の「エンバー」シリーズのアップデート版として2021年に登場した「リエンバー2」。

リエンバー2(ReEmber 2)」の「Re=リ」は、再生素材という意味で、アッパーのリップストップ素材は100%再生素材、裏地は100%再生ポリエステルのマイクロファイバー、アウトソールとミッドソールには粉砕再生素材が使われています。

しかもアッパーにはTEVA(テバ)独自の撥水加工技術Teva RAPID」採用し、多少の雨や水しぶきを弾いてくれる仕様になっています。

インソールには形状記憶してくれる「MAX-COMF」が採用されているので、自分の足形にかなりフィットしてくれます。

なんと言っても、スリッポンにも、かかとを踏んでサンダルにもなる2WAYで使えちゃうのが、モックの魅力。

アッパーには中綿は入っていて暖かいし、仕事で履物を履き替える機会が多い自分にとってホント便利なアイテムです。

WINTER ESSENTIALS 2021

ということで、寒い冬を乗り切るために今年購入した「WINTER ESSENTIALS(冬の必需品)」を紹介しました。

独自の素材や技術、日本独自の製法などを巧みに落とし込んだブランドのアイテムって、やっぱりいいですね。

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー

神奈川県川崎市在住。「リラックスした暮らし」をテーマに、園芸・ガーデニングにまるわるコトや居心地のいい場所やお店、シンプルでデザインが良くて機能性にも優れた愛着の持てるモノやツール、メロウで心地よい音楽などを独特な「目線」で発信中。