軽くて、甘さ控えめ。HIGUMA Doughnuts(ヒグマドーナツ)のハンドメイド・ドーナツ

こんにちは、7インチのドーナツ盤も好物だけど食べ物のドーナツも大好きなkennet64です。

実は、学生時代(かなり昔!)にミスタードーナツでアルバイトをしてたことがあって、そのとき実際にドーナツを作ってました。マニュアルがあったのでその通りにやればできてしまんだけど、それでも片面がこんがりとキツネ色になってきて、もう片面を揚げるのに一個ずつひっくり返していくのが楽しかった記憶があります。

今日は、学芸大学でちょっとした用事があったので以前から食べてみたいと思っていたドーナツ店「HIGUMA Doughnuts(ヒグマドーナツ)」に行ってきました。




学芸大学の住宅街にあるドーナツスタンド

東急東横線の学芸大学駅から歩いて4分ほどの、商店街から数ブロック離れた住宅街の一角にある「HIGUMA Doughnuts(ヒグマドーナツ)」。

2014年から野外フェスや青山ファーマーズマーケットなどでイベント出店していて、2016年6月にこの店をオープンしたのだそう。DIYしたような手作り感溢れるチャーミングな店構えで、椅子やベンチもあったりドリンクも販売しているのでその場で食べることもできますが、雰囲気的にはドーナツスタンドという感じ。

ちなみにお店のロゴの熊が口にしているのもサケではなくドーナツというのもかわいい。

ドーナツをテイクアウト

オーナーの方が、北海道出身とのことで北海道産にこだわった小麦、牛乳、バター、砂糖など食材を贅沢に使用して、ひとつひとつハンドメイドで作られてて、カウンター越しにドーナツが揚がっている様子を間近に見るのも楽しい。

ということで、ドーナツを4つテイクアウトで購入しました。

定番人気のシンプルな「プレーン」。¥220

北海道のてん菜糖をまぶした「シュガー」。¥240

写真だと「シュガー」と区別しにくいですが、こちらは香りのいい「シナモンシュガー」。¥240

仏ヴァローナ社のチョコと北海道の生クリームをブレンドしている「チョコレートディッピン」。¥240(移動してる間に、チョコレート部分がちょっといびつになってしまってますが悪しからずw)

これら以外に、北海道産マスカルポーネチーズをディップした店頭限定商品の「ハニーマスカルポーネ」や「ラズベリー」といったドーナツ、北海道のミルクを濃縮させたオリジナルのソフトクリーム「HIGUMAソフト」などがメニューにあります。

軽くて甘さ控えめ、時間が経ってもサックリしっとり

帰宅してから、シナモン好きというこで「シナモンシュガー」を早速食べてみました(残りは家族へのお土産)。

まず一口食べてみて感じるなんとも軽い食感。そして少し時間が経っているのにもかかわらず外はサックリふわふわで、中はほど良いしっとり感。ドーナツの生地自体は甘さ控えめになっていて、シナモンと砂糖がブレンドされた甘さが引き立ちます。

今回は4つだけ買ってみましたが、次回は専用BOX入り6個セット(¥1,500)もありだなと思えるおいしさでした。手土産とかにもおすすめです。

あとお店のグッズもかわいくて、レコード好きとしては7インチレコードがちょうど入るSサイズのトートバッグも欲しいな。

ではまた。

 

HIGUMA Doughnuts

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2-18-16 (学芸大学駅から徒歩4分)
TEL / 03-6873-8803
OPEN / 10:00〜20:00 (売り切れ次第終了)
CLOSE / 火曜
http://www.higuma.co/