エコで、コスパ良すぎ。カラーも豊富な「エコフォームズ」の植木鉢アイテム

こんにちは、kennet64です。

先日、Solso Farm(ソルソファーム)に行った際に、小さなサボテンを購入しました。Ferocactus latispinus(フェロカクタス、日本名:日の出丸)という、とてもポピュラーな品種だけど、もともとこの種のさりげないルックスが好きで玄関にちょこんと置きたいと思い、4センチほどのサイズのものを買った次第。

ただ、サボテンを飾るのには植木鉢もやっぱり必要。自分の好みのデザインで、サイズもちょうどいいものをいきなり見つけるのは難しいかもなと思いつつ、店内を見て回ってたところ気になる商品を発見。

それが、EcoForms(エコフォームズ)というブランドの植木鉢アイテム。値段もかなり安かったので、あとで気に入った植木鉢お見つけたら植え替えしてもいいかなという軽い気持ちで試し買いしてみたら、これが思いのほかよく、アイテムによっては他の使い方もできそうなので紹介したいと思います。




カリフォルニア生まれのエコな植木鉢ブランド

エコフォームズは、カリフォルニア州北部でオーガニックな野菜や植物を生産しているいるファーマーが1977年に立ち上げた植木鉢ブランド。

その特徴は米外皮のもみ殻を原材料に圧縮形成して作られているため、砕いて土に埋めると5〜10年で分解され、土にかえるところ。とても環境に優しいエコロジカルで、サスティナブルな植木鉢。

カラーもサイズも豊富なヴァリエーション

エコフォームズのアイテムには、4つのシリーズがあるんですが、その中でもカラーヴァリエーションが豊富なのは、「Nova」「Decor」「Quadra」の3つ(もうひとつあるシリーズ「Grower」はワンカラーのとてもオーソドックスなもの)。それらがどれもカラーヴァリエーションに加えて、サイズも豊富に展開。

Novaシリーズ
Decorシリーズ
Quadraシリーズ

カラーは、8色。米外皮のもみ殻圧縮して作られているからか、単色ではなく様々な色が粒状に混じっているのもヴィンテージな雰囲気が出ていて、味として感じられる部分。

Saucer

その植木鉢を置くソーサー(皿)も同色で展開。サイズもいろいろ揃ってます。

で、このソーサー、購入して自宅に持ち帰って眺めてたら他にもいろいろ使えそうなデザイン、カラーリングだと再認識。

ソーサーをキーホルダー置きに

エコフォームズの植木鉢に植え替えたサボテンは、冒頭に書いたように玄関に置いてみました。それならソーサーもせっかくなら玄関にいつも置いている部屋の鍵を付けたキーホルガー置きにしてみました。

うん、いい佇まい。