寒い冬にほっこり温まるメロウなラヴァーズ・ロック15曲。BITTER SWEET & MELLOW : This Is Lovers Rock【プレイリスト】

カリブ海の小さな島、ジャマイカ。

この常夏の島で生まれた心地よいリズムの音楽、それがレゲエ・ミュージック。

ときにはメッセージを発信してポリティカルなことを題材にしたり、人々の日々の生活を歌ったりするこの南国の大衆音楽の中で、恋人たちが甘く語り合い踊るのがラヴァーズロックというスタイル。

This Is Lovers Rock…




タイムレスで、心地よいメロウな曲」を選曲して、マンスリーでお届けしているプレイリスト「BITTER SWEET & MELLOW」。

今月は、レゲエ・ミュージックの中でもとりわけスウィートでメロウなサウンド・スタイル、ラヴァーズロックの名曲をセレクトしてみました。

レゲエ・ミュージックはカリブ海に浮かぶ島、ジャマイカで生まれた音楽だけど、ジャマイカからの移民の多かったイギリス(UK)では独自の音楽スタイルが築かれたのです。その中でもラヴァーズロックは、70年代後半〜80年代前半にかけて当時流行していたソウル・ミュージックの影響からレゲエ版スウィート・ソウルとも言うべき甘くてメロウな楽曲が数多く生み出されました。

そのサウンドは、レゲエならではの夏に聴いても気持ちいいものなんだけど、僕がオススメしたいのは敢えて寒い冬の時期に聴くこと。これが砂糖を入れたミルクティーやカフェオレを飲んだかのようにほっこり温かい気分になれてリラックスできるんです。

ということで、選んだ15曲のレイリスト「BITTER SWEET & MELLOW : This Is Lovers Rock」。

曲解説

では、簡単に曲ごとに解説を。

1. Alpha / Can’t Get Over You

80年にUKのレーベル、COOL ROCKERSからリリースされたAlphaの「Can’t Get Over You」。

今回のプレイリストのサブタイトルにも拝借してる「This Is Lovers Rock」という名のこのコンピレーションには、UK産ラヴァーズロックのいい曲が本当にたくさん収録されているのだけど、他のコンピレーションに収録されてる曲も多い中でAlphaの「Can’t Get Over You」は(おそらく)この作品でしか聴けない1曲。

2. Eargasm / This Is Lovers Rock

UKのレゲエ・アーティスト、Dennis PinnockとUKのレゲエ・レーベル、D-ROYのプロデューサー、Tyrone Davidが組んだユニット、Eargasmが唯一リリースしたシングル。こちらのタイトルもずばり「This Is Lovers Rock」。

心地よいテンポのリズムにファルセットぎみのスウィートなヴォーカルとコーラスが絡む、これぞラヴァーズロックと言える王道サウンドにさらに追い討ちをかけるようなメドレー・スタイル。間違いなく最高な1曲。

3. Intense / Mellow

80年代から90年代末くらいまでまで活動していた男性3人組みのラヴァーズロック・グループ、Intenseが98年にAriwaレーベルからリリースしたシングル。

Ariwaレーベルらしいソフィスティケートされたサウンドに男性コーラス・グループ特有のスウィートネスが絶妙にマッチした爽やかな1曲。

4. 15-16-17 / I’m Hurt

レゲエ・レジェンド、Dennis Brownが兄弟のCastro Brownとともに設立したレーベル、DEB MUSICにもラヴァーズロックの名作がたくさんある。

15-16-17(フィフティーン・シックスティーン・セブンティーン)のこのアルバム『MAGIC TOUCH』もそんな1枚。このアルバムもいい曲ばかりなんだけど、その中から瑞々しいヴォーカル&コーラスとグルーヴィーなサウンドが気持ちいい「I’m Hurt」をチョイス。

5. Black Harmony / Don’t Let It Go To Your Head

これもDEB MUSICからのセレクション。

良質なリイシュー作品をリリースしているSoul Jazz Recordsから出てるコンピレーション『Hustle! Reggae Disco – Kingston, London, New York』に収録されてるこの曲のヴァージョンは、後半にダブを繋いだディスコミックスになっていて、グルーヴィーなベースラインが堪らない1曲。

6. Tomorrow’s People / It’s Gonna Take A Miracle

AriwaレーベルからリリースされてるTomorrow’s Peopleというグループのシングル。

キュートな女性ヴォーカルに男性&女性混声コーラスが美しく絡む、まさにドリーミーな作品。

7. Kofi / Special Nation

こちらもAriwaレーベルからの音源。UKラヴァーズを代表する女性シンガーのひとり、Kofiの作品。

ラヴァーズロックを聴いてるとつい「胸キュン」とか「ドリーミー」という言葉を使いたくなるけど、この曲聴いたらその気持ちが少しわかってもらえるかもと思えるような素敵なサウンドの1曲。

8. Brown Sugar / I’m So Proud

先ほどのKofiCaron Wheelerという二人の女性シンガーが在籍していたグループ、Brown Sugar

レゲエ・アーティストにも数多くカヴァーされてるアメリカのソウル・グループ、The Impressionsの名曲「I’m So Proud」をメロウにカヴァーしたこの曲もダブミックス仕様のロング・ヴァージョン

9. Sandra Cross / Stop, Look, Listen

またもやAriwaレーベルの音源だけど、ラヴァーズロックという分野において質もさることながらそのリリース量の多さでもこのレーベルは別格と言える存在。

原曲の良さとあいまって、しっとりしたメロウネスを内包するサウンドとハイトーンのヴォーカル&ハーモニーが映える1曲。

10. Carroll Thompson / Sing Me A Love Song

ラヴァーズロックを語る上で、忘れてはいけない女性アーティストのひとり、Carroll Thompson

小気味いいリズムに絡む哀愁感のあるホーンが印象的なサウンドに爽やかなヴォーカルが軽やかに乗るメロウな1曲。

11. Winston Curtis / Be Thankful For What You Got

William Devaughnメロウ・ソウル・クラシックスラヴァーズロック・カヴァー

原曲の持つクールな質感のグルーヴを崩すことなく、メロウなレゲエに仕上げたナイス・カヴァー。

12. In Crowd / Getting Cozy

トロージャンレコードから出てるこのコンピレーションにも40曲も収録された便利な1枚。

Feel Like Making Love」のカヴァーも最高だけど、ここは選曲の流れからUKのルーツ・レゲエ・グループ、In Crowdの「Getting Cozy」をセレクト。これぞ、ドリーミーなラヴァーズロックのキラーチューンと言える1曲。

13. Marvin James / I’ll Be Around

HOT VINYLというレーベルから出てるMarvin Jamesというアーティストによるコーラス・グループ、Spinnersのカヴァー。

レゲエの中でも、ラヴァーズロックは「カヴァーの宝庫」と言っていいくらい良質なカヴァーものが多いので「あっ!こんな曲のカヴァーもあるんだ」なんて聴き方をするのも楽しみ方のひとつ。

14. Hollie Cook / Sweet Like Chocolate

パンクロックの伝説的バンド、Sex Pistolsのメンバーを父に持ち、ニューウェーブのカリスマ的グループ、The Slitsの後期メンバーでもあった女性アーティスト、Hollie Cook

70年代後半〜90年代のラヴァーズロック作品を選んだこのプレイリストの中で、唯一今年リリースされた新譜と言えるのがこの作品。ちなみにこの曲もカヴァーで、オリジナルはUKのダンスポップ・プロジェクト、Shanks & Bigfoot

15. Janet Kay / You Bring The Sun Out

この人の曲も避けては通れない。透き通ったようなハイトーン・ヴォイスが魅力のUKラヴァーズの代表格、Janet Kay

数ある名曲の中から、今回のプレイリストの締めとして選んだのは「You Bring The Sun Out」。この曲もカヴァーで、アメリカのジャズ/R&Bシンガー、Randy Crawfordがオリジナルだけど、ジャマイカの伝説的キーボーディスト、Jackie Mittooのプロデュースした浮遊感のあるサウンドが最高すぎる1曲。

BITTER SWEET & MELLOW : This Is Lovers Rock

ということで、今回は70年代後半〜90年代UK産ラヴァーズロックのメロウな名曲をセレクトしてみました。

そして今回も、Apple Musicに加入してない方々のためにYoutubeミックスリストを作ってみたので、まずはそちらからでもチェックしてみてください。