肌の潤いをキープしてくれる、簡単ボディケアの必需品「ヴァセリン」

こんにちは、kennet64です。

人の体の6割は、水分だと言われています。たとえば東洋医学では、体の働きを「気」「血」「水」という3つのエネルギーとして考えていて、水分の滞りや乱れは「水」の異常として病気の原因やその前段階(未病)とされるのだそう。

酷い乾燥肌というわけではないけれど、冬や乾燥した時期にはやはり肌がカサついたり、荒れてきたりしてしまいます。そう考えると、体内だけでなく体の表面もある一定の水分が保たれていないと異常をきたしてしまうんでしょうね。

特に指先が毎年のように荒れがちな僕にとって強い味方になってくれてるのが、ヴァセリン。とにかく保湿効果にすごく優れていて乾燥したこの時期に手放せない必需品のひとつです。




1870年にアメリカで誕生した保湿オイル

ヴァセリンは、1870年にアメリカで誕生して以来、世界90カ国以上で愛用され続けているスキンケアブランド。その中で僕が使っているのは、ヴァセリンブランドの基幹商品であるピュアスキンジェリー

ヴァセリンピュアスキンジェリーは、要はワセリンなんです。主原料がワセリンで、ヴァセリンとは製造元であるユニリーバの登録商標になっているブランド名。

ワセリンは、石油が原料なのですが、高純度に精製して作られているので副作用も少なく、現在では皮膚科などの医療の場でも止血に使われていたり、乾燥を予防する湿潤療法などの治療にも用いられているそうです。そう言えば、ボクシングの試合中継でもよく耳にしますよね。

ヴァセリンの良いところ

優れた保湿効果:肌の表面をピュアスキンジェリーがコーティングすることによって、肌の内側の水分を逃さず潤いを長く保ってくれる。夜、風呂上がりに塗って寝ると効果的。

無添加・無着色・無香料:防腐剤も使われていなく、あかちゃんなどにも安心して使えて、また色や匂いがないのも嬉しいところ。

全身に使える:手やかかと、肘などの荒れた部分だけでなく全身に使用できるのも便利な部分。顔に塗る場合は、ゴマ1粒分、多くても耳かき1〜2さじ程度の量がベスト。

価格がリーズナブル:値段が安いのも魅力のひとつ。国内の正規輸入業者が扱っているのは、40g、80g、200gの3サイズだけど、アマゾンなどにはその上のサイズ(368g)があって、これがかなりお買い得。ちなみに僕は近所のドンキホーテでこのサイズを598円(税抜き)で購入。

ヴァセリン リップがかわいい

ヴァセリンから発売されているリップケアが、実はかわいいんです。

内容量7g、縦横たった約3.5cmのサイズで、368gのピュアスキンジェリーと並べてみると、まるでミニチュアのよう。

無着色・無香料の「オリジナル」に加えて、唇をほんのりピンクに彩る「ロージーリップス」、ほんのりと甘い香りがする「クリームブリュレ」の3タイプがあって、携帯するのにとても便利なサイズ。

ちなみに並行輸入品として、缶タイプの携帯リップもあります。

簡単ボディケアに

僕自身、普段あまり肌に気をつかうことなく日々生活してしまっているのですが、ヴァセリンを毎日使ってるだけでもかなり効果はあると思います。

簡単ボディケア用品として、おすすめな日用品アイテムです。

ではまた。

次におすすめの記事

水と言えば、自宅で愛用しているアルカリ性の水だけでできてるマルチクリーナー「The Magic Water」もかなり優れもの。

ご覧になっていない方は、ぜひチェックしてみてください。

確かに魔法の水。水だけでできてるマルチクリーナー「The Magic Water」