築90年の建物をリノベしたシェアオフィスの片隅にある小さなコーヒースタンド「二坪喫茶 アベコーヒー」

こんにちは、kennet64です。

僕が住んでいるのは、溝の口という街。知らない人に簡単に説明すると渋谷から田園都市線という電車に乗って急行だと14分ほどの、ベッドタウンのような場所。川(多摩川)を渡るところからマンハッタンで言うところのブルックリン(もしくはニュージャージー)みたいなところ(?)と勝手にイメージしてます。

といっても別におしゃれでもなんでもなくて、いまだに昭和の名残りを感じさせる旧い商店街がひっそりとあったりするかなり庶民的な街。物価も都内より安くて住みやすいんだけど、あまりにも庶民的すぎてカフェとかゆっくりくつろげるお店がほとんどないのが正直悩みの種。

で、先日駅近くの通りを歩いていて、ふと気になった建物。古い洋館風の建物をリノベーションしたようなその建物の1階にお店ができているのを発見。




二坪喫茶 アベコーヒー

そのお店というのは、「二坪喫茶 アベコーヒー」という名のコーヒースタンド。

スペシャルティコーヒーを中心にカフェラテ、自家製ジンジャー、クラフトビールなどのドリンクやちょっとした軽食もテイクアウトできる、とても小さくてかわいらしい店。

テイクアウトがメインだけど、建物のエントランスに3人ほど座れる小さなカウンターがあって、そこでイートインすることも可能。

エチオピアなど4種類の豆をブレンドしたドリップコーヒー。香りもよくてスッキリした味。

築90年の建物をリノベしたシェアオフィス nokutica

二坪喫茶 アベコーヒー」があるのは、「nokutica」というシェアオフィスの一角。

元々、診療所兼住居でその後学習塾や下宿(懐かしい響き)としても使われていた築90年の建物をリノベーションしたもので、内装も元々の状態を活かしながら改装されてて、とても落ち着いた雰囲気。

建物は2階建てで、レンタルスペース、レンタルオフィス、コワーキングスペースがあります。

溝の口の新たなコミュニティ・スペース

僕が知らないだけかもしれなけど、溝の口に今までこういう”場”ってなかったように思います。

僕が行った日、レンタルスペースでは手紡ぎ毛糸のポップアップストアをやっていたんだけど、街に住む人たちがやってきてて、コーヒーを飲んだり談笑したりしながら毛糸を買ったりして思い思いに楽しんでいました。

人と人が出会える”場”。「二坪喫茶 アベコーヒー」も、そして「nokutica」もそんな場所、新たなコミュニティ・スペースになるような気がします。

溝の口がちょっと変わって行きそうな雰囲気。

近くにお越しの際は是非。

ではまた。

二坪喫茶 アベコーヒー

OPEN 平日8:00-17:00 土日祝10:30-18:00(不定休)
https://abecoffee.jp/

nokutica

〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延1‐1‐7
TEL 044-920-9084(nokutica)
http://nokutica.com/